日本の少子化が進む中、当社は、これまでにも仕事と子育てを両立できるように、社員の育児支援に力を入れてきました。社員が、仕事のための時間と生活のための時間のバランスがとれるように取り組んでいます。

そして、この度、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正に伴い、当社も、これまでの取り組みを踏まえ、この法律に基づく一般事業主行動計画を策定し、東京労働局に届け出るとともに、勤務環境の改善や向上に取り組んでいくことにいたしました。

くるみん

その結果、東京労働局より、次世代育成支援対策推進法に基づく基準適合一般事業主に認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得いたしました。

当社の次世代育成推進対策推進法に基づく取り組みは、以下の通りです。

社員が仕事と子育ての両立がしやすくなるように、環境を整備するとともに、以下の行動計画を策定しました。

育児支援制度充実に向けた施策

既に策定済みの育児支援制度の見直しを行い、更なる充実を図ります。改定した育児支援制度の規定については、イントラネットで公開し、社員がいつでも参照できるようにします。

育児休業取得促進に向けた施策

育児休業が取得できることを認知するために、社内掲示板への掲載を通じて社内への周知を行います。

年間総労働時間削減に向けた施策

年次有給休暇の取得を促進するために、年次有給休暇の取得推奨日を設けます。所定労働時間の短縮を図ります。