2017年4月より、奨学金返済支援制度をスタートします。毎月最大1万5千円を給与に上乗せして支給します。支給期間は、最大10年までです。

社員とその家族の健康を考え、健康管理支援として、以下の制度を設けました。

健康診断

婦人科検診 女性社員のオプション検査の費用を会社が負担
配偶者 配偶者の健康診断の費用を婦人科検診を含めて会社が負担

インフルエンザ対策

予防接種 社員、ならびに同居する家族の予防接種の費用を会社が負担

メンタルヘルス

電話相談 社員とその家族が、何回でも無料で相談可能
面談 社員とその家族が、年5回まで無料で面談可能

2007年10月より関東ITソフトウェア健康保険組合に加入し、健康保険が政府管掌健康保険から関東ITソフトウェア健康保険組合の健康保険に変わりました。変わったことにより、以下のようなメリットが得られます。

保険料が安くなります

政府管掌健康保険と比較して、関東ITソフトウェア健康保険組合の保険料率が低いため、月々の健康保険料が安くなります。

付加金が給付されます

病気やケガ、出産、死亡に際した場合、「健康保険」では一定の給付が行われます。その給付内容は、法律で定められている給付(法定給付)と各健康保険組合が独自で行う給付(付加給付)とがあります。

健康診断、保養施設、各種イベント等

被保険者、ならびにその家族の健康保持、増進のために、直営健診センターを中心とした健康診断、保養施設、各種イベント等を利用することができます。

業務以外でも充実感を求めて、社員だけでなく、社員の家族と一緒に楽しめるイベントを行っています。

社員旅行

毎年2月に、日本の世界遺産を巡っています。家族も同伴可能で、費用全額を会社が負担しています。

クラブ活動

有志により、さまざまなクラブ活動を行っています。

登山部 「日本一高い所にいこう!」ということで、2017年8月に富士山に登りました。
ゴルフ部 年4回の社内コンペを開催。毎週練習する人も、コンペのときだけクラブを握る人も、一緒になってゴルフを楽しんでいます。